2013年07月18日

何故「FX疲れ」から解放された人から勝つようになるのか?

とにかくFXをやっている人は疲れている人が多い。
いわゆる「FX疲れ」という現象ですね。

bind-up-2-icon.png

まず、はじめに書いておきたいこととして。


FXは不労所得ではなく、労働収入だということ。
これは覚えておいてください。


FXで得られる収入というものを
誤解している人が意外と多い。
特に初心者やまだ勝っていない人は。


FXで勝てるようになれば、
不労所得状態になると勘違いしている。


FXは勝っている人でも、最低限の労力を払っています。
まして、負けている人なんかは、
かなり疲れることをしつつ、しかもお金も減っている。



はっきりさせておかなければならないのは、


FXは不労所得などとはほど遠い。
特にスキャルピングなんかは
メンタル負荷が非常に激しい重労働な仕事であるということ。



その結果、いわゆる「FX疲れ」という現象が発生し、
次第にヤケになっていって破産したりする人が多い。


勝てている時期があったとしても、
その集中力や精神力を持続することができず、
相場に対して、「チャンスまで待つ」という超基本的なことすらできず、
ベストな状態でのトレードができなくなってくる。



小さなミスが増えてきて、大きなミスにもつながる。
少なくとも、ミストレードをゼロにすることはできない。


スキャルやデイトレよりも、スイングのトレーダーの方が
勝っている人が多いのはこのためですね。


「いやいや、俺はスキャルピングで絶対に勝てる!」
「勝ち続けることができる!」



と思っている人は、
その重労働を続ける意味があるのかを考えてみて欲しい。


FXでお金を稼ぐなら、トータルで(最後の最後の死ぬ時まで)
プラスの収益を状態を維持できなければ全てが無駄です。



しかし、「FX疲れ」からできる限り解放された状態で
トレードしていれば、
勝っている状況を維持するのが比較的簡単なので、
そのためのサイクル理論です。


サイクル理論の場合だと、
チャートとにらめっこをするということもなく、
サイクルが転換する通貨ペアに対し、
ルールが満たされた時にエントリーしていくだけなのです。



FXの疲れがゼロとは言えないけど、ほぼゼロです。
しかも、かなりトータルでプラスにしやすい。
これを知らない人は本当にもったいないですよ。


変なFXブログの
「一ヶ月で30万稼いだ!」
「半年で100万稼げるようになった!」


などの、嘘くさいフレーズに騙されてはいけません。
目先の利益にとらわれることなく、疲れることなく
確実に安定して勝ち続けられる技術を身につけましょう!


私は、日本におけるFXサイクル理論の第一人者である松下誠氏からFXサイクル理論を学びました。とても分かり易くて覚えやすかったので、オススメできます。

今まで、どんな手法でもうまくいかなかった方や、もう疲れるFXをやめて安定して勝ち続ける技術を身につけたい方に最もオススメしたいです。


松下誠のゆったり投資道FX【無料ボーナス特典つき!】(返金保証あり)


↓教材の徹底レビュー記事はこちら↓
松下誠の投資法(サイクル理論)って本当に稼げるの?


初月はお試し期間(返金保証あり)で申込めるので、試しに申込んでみて、「自分に合わないな」と感じたらキャンセルして、「サイクル理論FXをマスターしたい!」と思えたら続けてみるというのも一つの方法だと思います。

この勉強代は実際のFXの相場から取り返すことができたので、受けてよかったと思っています。

<関連記事>



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
「ロスカット」って何?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。