2013年05月27日

FXサイクル理論はデイトレ・スキャルのトレードでも使える!

FXのサイクル理論トレードというと、
週足・日足をベースとして使うイメージですが、


別に、大きなタイムフレームじゃなく、
サイクル理論をデイトレやスキャルの時間レベルでも使うことはできます。


cyclecount.JPG
(※クリックで画像が大きくなります)
まぁチャートはフラクタル構造だから当たり前なんですけどね。

ところで、サイクル理論に限らず、FXに限らず、
チャートはどのタイムフレームでも同じ形が出現します。


これを自己相似(フラクタル)と言いますが、
興味がある人はぐぐってみてください。^^;


そのため、サイクルのカウントも、もちろん
デイトレやスキャルピングという小さい時間足でも
ちゃんとカウントすれば可能になります。



ただ、短期のサイクルの方がブレが出易いため、
オーブの概念(平均的なサイクルの1/6の誤差が出る現象)が
1/6ではすまない場合もあります。


でも、これはFXの相場では普通にあることですが。。。


サイクルをカウントするといっても、
100%ズレのない周期というのはありえないので、
もちろんオーブは考えてトレードします。



こう言うと、少し難しく感じそうですが、
要は準備です!


準備して待ち構えておくことができるのと、
それができずタイミングを必死こいて探しているのでは、


トレードにおけるストレスや疲れ具合も変わってくるし
もちろん、トレードの成功率も変わってきます。



例えば、
ロウソク足38本平均でトップをつけるサイクルがあったとしたら、
32〜44本くらいの間にトップをつけると踏んで、
タイミングを取ろうとすればいいわけです。


このサイクル理論のエントリータイミングというのはとても簡単で、
代表的なものにMACDや、10MAとロウソク足のクロスなどがありますが、
この辺は、自分がトレードし易いようにアレンジすればOKです。



面倒くさがらず熱心に短期的に利益をあげたい人は、
サイクル理論を学んで、短期トレードに応用してみてはいかかでしょうか?


私は、日本におけるFXサイクル理論の第一人者である松下誠氏からFXサイクル理論を学びました。とても分かり易くて覚えやすかったので、自信をもってオススメできます。

今まで、どんな手法でもうまくいかなかった方や、もう疲れるFXをやめて安定して勝ち続ける技術を身につけたい方に最もオススメしたいです。


松下誠のゆったり投資道FX【無料ボーナス特典つき!】(返金保証あり)


↓教材の徹底レビュー記事はこちら↓
松下誠の投資法(サイクル理論)って本当に稼げるの?


初月はお試し期間(返金保証あり)で申込めるので、試しに申込んでみて、「自分に合わないな」と感じたらキャンセルして、「サイクル理論投資をマスターしたい!」と思えたら続けてみるというのも一つの方法だと思います。

私はこの勉強代を実際にFXの相場から余裕で取り返すことができましたよ。

<関連記事>



posted by cyclefx | Comment(0) | TrackBack(0) | トレード例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
「ロスカット」って何?