2012年10月12日

FXサイクル理論を使ったトレード例 豪ドル円

こんばんは、サイクル理論におけるトレードのイメージがつかない人のために、
実トレードの例を挙げますね。

豪ドル円 日足チャート
W002.JPG


これは豪ドル円の日足でサイクルカウントして利益を上げた例です。
白い丸でエントリーし、黄色い丸で利食い。
どちらも、サイクルの転換点を狙ったトレードですね。


普通の逆張りトレードでは、極めて勝率が低く、
もちろん、どこで転換するかも分かりませんが、
FXサイクル理論トレードでは、
相場のアップダウンの周期を計算カウントしているので、
大きな波を取れる成功率が高くなります。



そして
サイクルカウントとトレードルールは意外と簡単に自分で作れるんですね。
なので、
このトレードも独自のカウントとルールでエントリーしてエグジットしています。


基本的な原理さえ学んでしまえば誰でもできます。


画像の1個目の白い丸でエントリーしたトレードだと、
約1300pipsの利益で、画像の2個目の白い丸でのエントリーは、
現在ストップを79.35に引き上げて保有中です。


正直、何も難しいことはやってません。
少なくとも、ボリンジャーバンドとか、一目均衡表とか、
そういう難しいテクニカルツールを使うトレードよりは
だいぶ難易度が低い
と思います。


一度覚えてしまえば、労力はほぼゼロに近いし、
スキャルやデイトレのようにストレス、メンタル負荷がかかりませんし、
チャートに縛り付けられる必要がないので時間も取られません。



私は、日本におけるFXサイクル理論の第一人者である松下誠氏からFXサイクル理論を学びました。とても分かり易くて覚えやすかったので、オススメできます。

今まで、どんな手法でもうまくいかなかった方や、もう疲れるFXをやめて安定して勝ち続ける技術を身につけたい方に最もオススメしたいです。


松下誠のゆったり投資道FX【無料ボーナス特典つき!】(返金保証あり)


↓教材の徹底レビュー記事はこちら↓
松下誠の投資法(サイクル理論)って本当に稼げるの?


初月はお試し期間(返金保証あり)で申込めるので、試しに申込んでみて、「自分に合わないな」と感じたらキャンセルして、「このFXサイクル理論による投資をマスターしたい!」と思えたら続けてみるというのも一つの方法だと思います。

私の場合、勉強料金はFX相場から取り返すことができましたので。

<関連記事>

posted by cyclefx | Comment(0) | トレード例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
「ロスカット」って何?